「あしたのジョー」を漫画とアニメの違いから振り返っています。

アニメ、漫画の該当箇所も書いておくので、「あの場面は、何巻だっけ?アニメの第何話だっけ?」と思った時にもご活用ください。




エピソード

やられっぱなしの鬼姫会が、ついにジョーに総攻撃を仕掛けに来ます。

ジョーの命が危ないと心配した段平が駆けつけると、そこは死屍累々。辺り一面倒れ伏してうめく鬼姫会の面々。
平田(鬼姫のそこそこ偉そうなおっさん)が「ジョーの野郎、鬼姫会完全にぶっつぶしやがった…」と呟いています。

いくらなんでもそれはないだろ!と思わないでもないのですが、とにかくこれ以降鬼姫会は話に出て来ません。

ジョー強ぇ。

そして鬼姫会弱ぇ。

該当箇所

コミック:該当箇所なし
アニメ1:第2話「四角いジャングルに生きろ」

コミックの掲載箇所としているのはKCコミックでのページです。

原作とアニメの相違点

原作にはないエピソードです。

漫画では、ジョーが山谷にたどり着いたその晩の鬼姫会との果し合いでジョーと段平は、ともに留置所に入れられ、出てくるとすぐに橋の下に小屋を建てて、そこでボクシングをはじめますが、アニメでは、この時の鬼姫会殲滅の後に、ジョーは段平にボクシングを習う約束をします。

アニメでは、鬼姫会登場期間が長いのです。
原作だと、鬼姫会場面は、最初の日だけでした。

そういえば、スーパーやパチンコ屋はどうなったんだろ?別に心配してはいませんが。

ところでこの日、段平のバラックに近づいてきた子犬をジョーが口笛で呼び寄せるシーンがあります。
この口笛は、アニメ2でもう一度聞けます。(ずっとずっと後のことです)

アニメではこの日に段平の昔話を聞く

ジョーが段平の過去の話を聞くタイミングがちょっと違っていて

原作:鬼姫ナイト(ジョーが山谷に着いた日)にふたりで入れられた留置所で
アニメ:ジョー登場のしばし後、鬼姫が総攻撃に来る前に段平ハウスで

です。

段平は、現役中に片目をダメにして引退を余儀なくされ、やっと設立したジムでひとりの選手を指導していたものの、そのボクサーは段平の古いやり方を受け入れられず、けんか別れしてよその近代的なジムに移籍してしまいます。

ジムには借金だけが残り、再建の手立てなく閉鎖。

段平は、拳闘界からはじき出される形でドヤ街へ流れ着いた…と、そういう話です。

どちらも、この話を聞いた後にボクシングを習い始めます。

そすうると、もしかしたら段平の話に打たれたの?と考えたくなりますが…ないな、ないですね。

 

次の記事