「あしたのジョー」すべての出来事を漫画とアニメの違いを確認しながら振り返っています。

アニメ、漫画の該当箇所も書いておくので「あの場面は、何巻だっけ?アニメの第何話だっけ?」と思った時にもご活用ください。

ジョーと力石の試合は明日です。




エピソード

力石との対戦を前に丹下ジムの狂気の特訓は、続いています。

今日も段平と西が、ふたりがかりでジョーにアッパーを仕掛けています。

丹下ジムの考えている力石の作戦とは、アッパーの連打でジョーのカウンターを封じておいて、突然ストレートで倒しにくるというものです。

そこでジョーは、アッパーをすべてスウェイバックで避け、力石がストレートで刺しにきたところを逃さずクロスカウンターで迎え撃つという対応策をとりたいのですが、力石のパンチ力を計算して、ふたり同時に攻めさせているのです。

いくらなんでも難しすぎるんじゃ…
ジョーはもうずいぶんダメージを受けているように見えるけど試合出られるの?

そのとき、ジョーのストレートが一閃。

クロスカウンターを受けて段平がマットに倒れました。

試合の前日のことでした。

後に奇跡を呼ぶ男と称されるようになるジョーです。ここでも奇跡が。

でも…

力石は、ジョーのすべてを読んでいます。

おそらく、ジョーがこの練習をすることも、練習を乗り越えて望むパンチを手にすることも、何もかも予想しています。

パンチョ・レオとの試合をジョーに見せたことも、力石の作戦のうちだったのです。

該当箇所

コミック:8巻 P.63~70
アニメ:第45話「打倒!力石へのスェイバック」

コミックの掲載箇所としているのはKCコミックでのページです。

原作とアニメの相違点

アニメでは、もう少し早い段階でこの技に成功しています。

ジョー猛特訓で対力石のクロスカウンター会得
力石は医師をつけて減量継続

力石水を求めてパニック

もうすぐ試合

ですが、

原作では、

ジョー猛特訓開始
力石医師をつけて減量継続

力石水パニック

ジョー対力石のクロスカウンター会得

翌日が試合

です。

ジョーに勝ち目が見えるタイミングが違うのです。

 

次の記事