「あしたのジョー」すべての出来事を漫画とアニメの違いを確認しながら振り返っています。

アニメ、漫画の該当箇所も書いておくので「あの場面は、何巻だっけ?アニメの第何話だっけ?」と思った時にもご活用ください。

今回は西のデビュー戦です。




エピソード

とうとうジョーと西のデビュー戦の日が来ました。

同じ日だったのですね。

控室でもジョーはいつもの調子で歌を歌ったりしているので、同室の選手たちから苦情が来ますが、ジョーがそんな他選手の深刻な様子がおかしいといって笑っています。

一方の西はずいぶん緊張している風ですが、これで普通でしょう。

この日、西は負けます。

セコンドに付くと言うジョーを段平が押しとどめて控室に置いていくので、西の試合の様子は分からないのですが、戻ってきた西は目の上を切っていて、顔が血だらけです。

試合は、まぶたからの出血のためにTKO負けに終わったそうです。

西を心配している暇もなく、次はジョーの出番です。

該当箇所

コミック:6巻 P.167~180
アニメ:第32話「輝くリングへの道」

コミックの掲載箇所としているのはKCコミックでのページです。

原作とアニメの相違点

アニメでは東光特等少年院から電報が届く

ジョーと西の控室に少年院から電報が届くのはアニメだけのエピソードです。

相変わらず自由で楽しい少年院だわ…。

電文が結婚式用の定型文なので、ジョーは大笑いするのですが、この電報を打つのを仕切っていたのはガイコツなのです。

あの人まだ少年院に?

このときジョーはガイコツについて、あいつは風呂屋の息子なのにデバガメで捕まったと言っていますが、覗きってこんなに長く入ってるものなの?

デバガメはジョーのネタかもしれません。
ガイコツが少年院に入れられた理由は、ガイコツ自身が語る場面もなく謎です。

原作では、ジョーが退院する日の泥投げシーンにガイコツはいないのです。

ジョーより前から少年院にいたので、ジョーより先に出たってことなのだと。

ガイコツはいいキャラだったので、アニメでは出番を延長させたのかなと思います。

控室にひとりになったジョーが考えていることが少し違う

西の試合中、ジョーは控室にひとりになります。

原作では、コレまでの色々なことを思い出しています。

山谷に流れ着いた日のことから、西に「あしたのために その1=ジャブ=」を試した鑑別所の出来事、力石に会った少年院…

西…か

あいつは最初からおれの絶好の練習台だったな

KCコミックあしたのジョー(6)P178 (c)高森朝雄・ちばてつや2012

ひどい(笑)

そういえばクロスカウンターの最初の実験台も西でした。

アニメでジョーが考えているのは、ドヤ街の人々の応援のことです。

次の記事