「あしたのジョー」すべての出来事を漫画とアニメの違いを確認しながら振り返っています。

アニメ、漫画の該当箇所も書いておくので「あの場面は、何巻だっけ?アニメの第何話だっけ?」と思った時にもご活用ください。

今日はプロテスト当日です。




エピソード

プロテストに筆記試験があると知らなかったジョーは、会場で慌てていますが、試験が済むと「簡単だった」と涼しい顔。

試験内容は、ボクシングの基本的なルールに関することなのですが、ジョーは、すべて自己流の回答で提出してしまいます。
しかもその答えに自信持ってる…

「それでは全問不正解、0点だ」と頭を抱える西の後ろで、他の受験生たちはジョーを笑っています。

段平は控室で心配していますが…
そんなに心配ならちょっとは予想問題をさ…

とにかくジョーの筆記試験は全滅でした。

筆記で足切りされるルールではないようで、ジョーもスパーリングテストに進めるみたいです。

プロテストがどういう規定になっているのか私には分かりません。当時と今では、何かと変更されていると思いますが、現在のテスト規定はこちらに
プロボクサー新人テスト受験要項

ジョーは、スパーリングで相手を叩きのめせば合格できると考えているようですが、それも違うような気が…

この筆記試験、西は全問正解だったっぽいです。

だけどさ

コレからプロボクサーになろうってときに、この問題間違える人いるの?

  1. ボクシングの反則3つ
  2. ボクシングの防御法3つ
  3. 1Rに何度ダウンしたら負け?

ああ、ジョーか…

該当箇所

コミック:6巻 P.51~75
アニメ:第30話「試練のプロテスト」

コミックの掲載箇所としているのはKCコミックでのページです。

原作とアニメの相違点

ジョーの答えがちょっと違う

筆記試験の問題:「ボクシングの反則3つ書け」に対するジョーの誤答がちょっとだけ違います。

原作では「かみつく、蹴飛ばす、ぶん殴る」ですが、アニメでは「かみつく、蹴飛ばす、くすぐる」です。

ボクシングでぶん殴るのが反則と答えるのは、おかしい…いえ、全部おかしいのですが、おかしさの質が違うので、原作はうっかりしちゃったのでしょう。

アニメでは稲垣が最初からうざい

高校ボクシングで会った稲垣も、この日の試験を受けに来ています。

原作では、稲垣とジョーはまだ知り合っていないので、スパーリングが始まるまで出てきませんが、アニメでは最初からジョーにチクチクと嫌味を言うので、うるさくてかないません。

もっともらしい態度でいるけど、今は自分より下手だけど自分よりスケールの大きいジョーに劣等感を感じていたのでしょうね。

コミックのジョーの怒り方

原作のジョーは、筆記試験での自分の間違いに腹を立ててベンチを床に叩きつけています。

さすがに細かすぎるな、うん。

でも私は、この時のジョーが面白くて仕方がないのです。

時々思い出して笑いそうになっちゃうくらい。

そこまで悔しがるくらいならもうちょっと準備をさ。

ここまでの超個人的ジョー名場面ベスト3

  • 少年院の試合で力石に言ったセリフ「1分過ぎちまったぜ力石さんよ。どうしてくれるんだい」
  • 段平が青山とジョーに謝っているときの驚き顔(原作)
  • 自分に怒って人ん家のベンチを床に叩きつける(原作)

「~~(ここの部分にはこちらが負けていないことを示す内容が入る)どうしてくれるんだい」死ぬまでに一度は言って見たいですね。

保存

保存

保存

保存

保存

次の記事