「あしたのジョー」を漫画とアニメの違いを確認しながら振り返っています。

今回は、どういうわけか段平に気に入られている青山が、同部屋の沼田をノックアウトする話です。




エピソード

少年院の寮対抗ボクシングトーナメントが近づいていますが、段平が青山ばかりを指導し、声もかけられなくなったジョーは、毎日いらいらしています。

ある日、青山のいる第7寮で選手を決める予選が行われます。

青山の相手は、有力選手沼田でしたが、結果は青山のKO勝ち。

ところが、その試合の様子を誰も見ていなかったと言うのです。

試合がはじまると青山は、こんにゃくのように沼田のパンチをかわすばかりで面白味のない試合だと寮友たちは将棋を始めた。気がついたら沼田が血だらけで倒れいていて、青山が横に立っていたと。

力石には、段平が青山に何を指導したのか察しがついているようで、この分ではジョーが青山に負ける可能性すらあると思っているふうなことを言いだします。

該当箇所


コミック:3巻 P.233~4巻 P.19
アニメ1:第17話「嵐の中に1人」

コミックの掲載箇所としているのはKCコミックでのページです。

原作とアニメの相違点

大きな違いはないです。

これまで眼中になかった青山の存在が、今では大きく膨れ上がっているのだろうと、ジョーの胸中を言い当てる人物が、漫画では西、アニメでは力石という点くらいです。

次の記事