「あしたのジョー」すべての出来事を漫画とアニメの違いを確認しながら振り返っています。

アニメ、漫画の該当箇所も書いておくので「あの場面は、何巻だっけ?アニメの第何話だっけ?」と思った時にもご活用ください。




エピソード

カモメが鳴いています。

葉子が力石のお墓の前に立っています。

ジョーが葉子に会おうとしないので、パンチドランクの件を伝えられないままタイトルマッチが近づいてきます。

葉子は、どうしていいのか分からず、力石に助けを求めています。

ジョーならどんなことでも乗り越えていけると信じる葉子ですが、今度ばかりは…

「奴の好きなようにさせてやってはどうです?」

という力石の声が、私たちには聞こえますが、葉子には聞こえません。

無理もありません。

視聴者と力石は、ジョーがすべてを承知していると知っていますが、葉子は、知らないのです。

該当箇所


コミック:該当エピソードなし
アニメ2:第43話「ジョー・段平…二人の日々」

コミックの掲載箇所としているのはKCコミックでのページです。

原作とアニメの相違点

アニメだけのエピソードです。

アニメ2では、力石のお墓が何度も出てきます。

最初は、放浪から山谷へ戻ったジョーがお墓参りにしているところへ葉子が来たいう場面です。
(第2話「男一匹花一輪…リングに賭けた」)

二度目は金龍飛戦の前、葉子がお墓にいると、須賀が現れます。
(第23話「燃える野獣と…氷」)

次は、東洋タイトル獲得の後です。

ジョーは、山谷メンバーと一緒に江ノ島に行き、帰りに力石のところへ寄ります。

先に来ていた葉子と須賀と鉢合わせて、全員で中華街へ。
(第26話「チャンピオン…そして、敗者の栄光」)

最後がこの時です。
(第43話「ジョー・段平…二人の日々」)

葉子は分かるけど、須賀もなぜかたびたび来ています。

原作では、お墓の場面が描かれたことはありませんが、ジョーと葉子が連れ立ってお墓参りするエピソードがあります。

東洋タイトルマッチ後、ジョーが葉子を訪ねるとお墓へ行くところだったので一緒に行ったと、ジョーが段平に報告するだけですが。

原作の菩提寺は護国寺、アニメは横浜です。

原作アニメどちらでも、葉子は、これ以外にも何度もお墓参りしているのだろうと感じさせます。

はじめは、力石の死を悲しみ、自分を責めながら通っていたものが、いつの間にか力石が相談相手のような存在になっていた、葉子はここへ来て自分の気持ちを吐き出し、整理していた、そんな風に見えます。

 

次の記事