「あしたのジョー」すべての出来事を漫画とアニメの違いを確認しながら振り返っています。

アニメ、漫画の該当箇所も書いておくので「あの場面は、何巻だっけ?アニメの第何話だっけ?」と思った時にもご活用ください。




エピソード

ミカンを握りつぶして玉姫公園を飛び出したジョーは、白木ジムに向かいます。

深夜、白木ジムの扉を連打して「関係者だ」と名乗るジョー。

力石の新人王決定戦の時に控室前の廊下で警備員に見咎められたときも「関係者」と言い張っていました。

ジョーの言う「関係者」は「ある意味関係者」の意味なのです。

ジムに入るのに成功したジョーは、開かずの間になっているという地下倉庫へ篭ります。

力石の使っていた減量部屋に。

海に連れて行かれても知らないよ、という心配は杞憂に終わります。

この日の葉子は、段平を呼ぶだけでジョーには何も言いません。一言もです。

段平と西が白木ジムへ駆けつけますが、ジョーが鍵を開けるはずがありません。

段平は、西にハンマーを持って来いと言います。鍵を叩き壊す気らしいです。

そんな人ん家であんた…。

白木ジムのガラスを割ったあの出来事に比べたらだいぶマシですが。

ジョーがその部屋を出たのは、3日後、段平の「これからは減量に協力する」という言葉を聞いたときでした。

力石部屋から出てきたジョーは、やつれと腫れで酷い顔です。

脱水が進むとこの顔になるってことらしいです。

該当箇所

コミック:該当エピソードなし
アニメ2:第21話「力石の…唄が聞こえる」

コミックの掲載箇所としているのはKCコミックでのページです。

原作とアニメの相違点

アニメだけのエピソードです。

原作のジョーは、減量宣言の翌日には、もうあの顔でした。

段平が、あるときを境に「これからは協力する」と態度を変えるのは、どちらも同じです。

段平が内心にある策を秘めているのも共通です。

次の記事