「あしたのジョー」すべての出来事を漫画とアニメの違いを確認しながら振り返っています。

アニメ、漫画の該当箇所も書いておくので「あの場面は、何巻だっけ?アニメの第何話だっけ?」と思った時にもご活用ください。




エピソード

カーロス・リベラとのエキシビションは、ジョーがロープ際の戦略に上回ったところから、互角の戦いになりました。

第3R、壮絶な打ち合いが続く中ジョーは、右の肘でカーロスの顔面を打ちます。

数回見ただけでカーロスのテクニックを盗んだジョーのエルボースマッシュでした。

実はこの時、ジョーもカーロスも立ったまま気を失いかけていたのです。

試合をダウンと段平の台詞からまとめたものはこちらに(原作限定)
丹下段平は何度「立つんだジョー!」と言ったか 矢吹丈全52ダウンから検証#対カーロスEx

該当箇所

コミック:13巻P30~39
アニメ1:該当エピソードなし
アニメ2:該当エピソードなし

コミックの掲載箇所としているのはKCコミックでのページです。

原作とアニメの相違点

エキシビションは原作にしかないので、この対戦はアニメには、ありません。

アニメでふたりは試合をしますが、1にも2にもジョーが肘打ちをする場面はありません。

なので、肘打ちを受けたカーロスが、しばらく立ったままでいることもありません(笑)

次の記事