「あしたのジョー」すべての出来事を漫画とアニメの違いを確認しながら振り返っています。

アニメ、漫画の該当箇所も書いておくので「あの場面は、何巻だっけ?アニメの第何話だっけ?」と思った時にもご活用ください。




エピソード

南郷、原島を倒し残すはタイガー尾崎だけとなったカーロスは、1RKOを予告します。

該当箇所


コミック:12巻 P.100~109
アニメ1:第76話「燃える挑戦状」
アニメ2:第9話「そして…野獣は甦った」

コミックの掲載箇所としているのはKCコミックでのページです。

原作とアニメの相違点

KO予告の中味がちょっと違う

原作とアニメ1では1分以内のKO。

アニメ2では1ラウンドKOです。

KO予告の時と場所が違う

原作では、カーロスvs原島戦の直後、ジョーが原島の控室に行っているあいだにカーロスが記者を集めてそこで宣言。

ジョーは、それを見ていた段平から聞いて予告を知ることになります。

アニメ1では、白木邸に記者を集めての会見で、最初はロバートが「次の試合でカーロスはタイガーを1ラウンドでKOします」と言い、驚く記者の背後に現れたカーロスが「1Rでなく1分で倒す」と右手の人差し指を高々と上げます。

横で見ていた葉子は、それをジョーへの挑戦だと解釈しているようです。

ジョーは、新聞記事でそれを知ります。

アニメ2でのKO予告は、タイガー戦のはじまる直前のリングで宣言されます。

カーロスが、進行役のマイクを奪って、人差し指を突き上げながら「ワンラウンド!」と宣言するのですが、ロバートとの事前の打ち合わせはなく、客席にジョーを見つけたカーロスのアドリブでした。

「力石だよ」があるかないか

カーロスの予告は、少年院で力石がジョーにしたのとポーズまで同じです。

原作とアニメ2では、ジョーは段平にそれを言います。

原作「力石の再来だ」
アニメ2「力石だよ、おっちゃん」

アニメ1では、このとき力石の名前は出ません。

次の記事