ジョーは、いつも同じ服を着ているような印象があります。

はい。あの服です。

でも夏場はどうだったのか。
連載終盤は、丹下ジムが潤って新しい服を着ていたような気も…。

ジョーは、どれだけ服を持っていたのか調べました。

※調査対象は原作限定です。




矢吹丈基本スタイル 第1次山谷時代

まず矢吹丈基本スタイルです。

あしたのジョー(1)P42

KCコミック あしたのジョー(1)P42 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

これですが、インナーは長袖です。

あしたのジョー(1)P149

KCコミック あしたのジョー(1)P149 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

長袖Tシャツらしきものの色は、赤(朱色)、キャスケット帽は柿色、靴は焦げ茶です。

ソックスを履いているときと履いていないときがありますが、履いているときは、朱色です。

アニメで採用されている配色ですが、ちば氏の描いた扉絵でもその色になっています。

実は、コート裏地には何種類かあって、ベーシュ地のチェック、白地のチェック、無地など。

まさか、何度か買い換えていたの!?

ケンカのたびにボロボロになっても、遅い成長期でウェイトに悩んでも、ずっと同じものを着ていたと思っていたけど、誤解だったのかも(笑)

いろは会商店街_パネル並

扉絵の一部は「あしたのジョー、の時代 」[ 東京都練馬区立美術館 ]に。

目標と健康があり、ないのは金だけ 第2次山谷時代

少年院を退院して丹下ジムで暮らし始める頃。

西はパジャマらしきものを着て寝ていますが、ジョーはランニングで寝ています。

ランニングは、どこから出てきたのか不明です。
元々持っていたのかもしれません。

あしたのジョー(5)P89

KCコミック あしたのジョー(5)P89 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

退院の翌朝、段平の用意していたトレーニングウェアとシューズを渡されます。

あしたのジョー(5)P94

KCコミック あしたのジョー(5)P94 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

おそらく、ジョーの人生で初めての新品でしょう。

矢吹丈基本スタイルは、たぶん万引きした服でしょうから、新品には違いないにしろ、誰かが自分のために買ってきた服を着るのは、これが最初なんじゃないかと。

段平が、はりきって上野辺りまで買いに行ったのかも。

聞かれてもいないのに店員さんに「わしのジョー」を自慢したりだとか。

この時期の丹下ジムは、希望に満ちて幸福に包まれています。

…この日のうちに段平が捕まるんですが。

警察署へは、ウェアの上にいつものコートで出向きます。

そしてウルフカウンターの日が来ます。

丹下ジムにライセンスを交付させるため、何かを企み、新人王決定戦に乗り込んだジョーは、同じバンタム級のウルフ金串を使います。

カメラの前でウルフを倒してその実力を見せ、デビューできないのはウルフのジムの会長が妨害しているからだと勝手に想像させる作戦です。

この日のジョーは、半袖Tシャツで、コートは手に持っています。

夏の間はずっと襟ぐりと袖ぐりだけ色の違うこのTシャツを着ています。

あしたのジョー(6)P20

KCコミック あしたのジョー(6)P20 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

まだプロデビューしていない頃、黒?っぽいタンクトップを着て練習していたこともありました。

あしたのジョー(6)P55

KCコミック あしたのジョー(6)P55 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

これは、ウルフカウンターの翌日。

寝込んでいて普通な日に、早朝からランニングに出ていたときの服装です。

ジョーが張り切っているのは、無断でプロテストを申し込んでいたから。

プロテストと(不)合格発表には、ウルフカウンターの日と同じTシャツで向かいます。

この後しばらく、練習するときは袖口の裂けたTシャツでした。

あしたのジョー(7)P22

KCコミック あしたのジョー(7)P22(C)高森朝雄・ちばちてや 2012

裾も裂けてる…

ウルフ戦の頃はまだ、林屋バイトに行っていました(時々)

新人王決定戦の日のTシャツの長袖バーションっぽい服装。ロンTかトレーナー?

あしたのジョー(7)P159

KCコミック あしたのジョー(7)P159 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

三つ編みの紀ちゃんが、気軽に「乗せてって」とか…

みんながまだシンプルな心持で幸せな時期でした。

一方、力石は地獄の減量中です。

…つまり西が夜な夜なうどん屋台へ走っている時期です。

うどん西を殴るときのジョーが着ていたのはこれです。

あしたのジョー(7)P188

KCコミック あしたのジョー(8)P188 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

白っぽいロンT。

初出の服でした。

力石がバンタムのパンチョ・レオと試合する頃には、冬になっているのでしょう。ジョーは基本スタイルです。

力石のアッパーを見たジョーは、段平と西が同時に出すアッパーをよける練習をはじめます。

何日もやっていたと思われますが、描かれている服は白っぽいロンT(西うどんの夜と同じものと考えられます。)と、いつものトレーニングウェアです。

ホームレスジョー

力石との試合が終わると、ジョーは失踪します。

失踪中の服装は、ずーっと矢吹丈基本スタイルでした。

ひどく汚れて、バロンの客がジョーのことを「葉子と話している乞食」と呼ぶような状態です。

連戦の第3次山谷時代

山谷に戻っての、ボディブロー期から嘔吐期は、練習は裂けT、外出は襟ぐり袖ぐり色Tシャツで通します。

ドサ回りに出る頃、新品服が投入されます。

サマーニット風?

第3次山谷時代のジョーは、立て続けに試合をしています。

西も、怪我するまでは試合を続け、地味ながら8回戦まで進んでいるので、丹下ジムは、経済的には多少の余裕があったでしょう。

あしたのジョー(11)P77

KCコミック あしたのジョー(11)P77(C)高森朝雄・ちばちてや 2012

上野駅から旅立つときは、白っぽい長袖Tシャツでした。

ドサ回りジョー

ドサ回り中は、長袖をよく着ています。上野駅と同じものか微妙です。

襟ぐりの感じから、Tシャツのような薄手のものではなく、もう少し厚みのあるもののように見えます。

トレーナーに近い感じでしょうか。

こたつの出ている季節ですし。

あしたのジョー(11)P160

KCコミック あしたのジョー(11)P160 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

ドサ回り後期には、この上に基本コートを羽織るようになります。

ドサ回りの給料がそれほど高いとも思えませんが、ジョーはスター選手でしたし、寝食の心配もなく、ある程度のお金はあったと思います。

でもこの頃にはもう物質的なものへの興味をなくしています。

この後の、カーロスとのエキシビションマッチの日、対戦前にジョーは、子供たちと後楽園遊園地で豪遊しています。

給料をほとんど使わず持っていたのでしょう。

世界へはばたく第4次山谷時代 でもパーティに基本ルック

カーロスとスパーリングさせろと言って葉子の家を訪ねるときも、上の絵と同じ、ニット風に見える長袖+基本コートでした。

カーロスvs原島戦もカーロスvsタイガー戦もこの組み合わせです。

アニメのジョー基本スタイルは、インナーは朱色のTシャツと決まっていましたが、原作では、そうでもないです。

コートの中は、白っぽいものを着ている時期がとても長いです。

白で描かれていても朱色なのかも知れませんが…山谷にたどり着いた日から少年院退院後しばらくは黒で描かれていたので、違う服と考えるのが妥当と思います。

葉子のオフィスへファイトマネーを受け取りに行った日もこれです。

あしたのジョー(14)P76

KCコミック あしたのジョー(14)P76 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

これはテレビ関東のパーティを葉子とふたりで抜け出した日。同じく白っぽいインナーです。

あしたのジョー(14)P204

KCコミック あしたのジョー(14)P204 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

丹下ジムの高度経済成長期

パーティにも基本スタイルで出かけるジョーでしたが、実はこの時期、テレビ関東の後押しもあり、丹下ジムは急激に豊かになっていきます。

原作ではすでにジムが土手の上に新築され、ジョーの服装にも、とうとう変化が。

いきなりカーディガン着てたりだとか…

あしたのジョー(14)P213

KCコミック あしたのジョー(14)P213 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

これはパーティの翌日です。

ホセの記事を読んでいるジョー。

この後カーディガンとハイネックを脱いでサンドバッグを叩きはじめますが、下に着ていたのは、裂けTではなく、黒(?)のタンクトップでした。

ジョーの両肩には、昨晩ホセのつけたアザがくっきりと残っています。

その場に居合わせた記者たちにアザを発見され、写真を撮られることに辟易としたジョーは、ロードワークに出ますが、着ているのは、やはり新しいジャージです。

下は、最初に段平の買ってきたものと同じデザインに見えますが、状況から考えて上下セットの新品でしょう。

あしたのジョー(15)P16

KCコミック あしたのジョー(15)P16 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

胸には「J」背中には「TANGE」とプリントされたジャージを着てドヤ街を走っていると、子供たちに会い、サチに

最近のジョー兄いなんだか怖いや…

KCコミック あしたのジョー(15)P16 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

と言われてしまいます。

ジムが新しくなって寄り付きにくくなったと子供たちは言いますが、建物や身なりの変化とはまた別に、日増しに張り詰めていくジョーの内面を、子供たちは敏感に感じ取っています。

カーロスはパンチドランカーになり、紀子には「ついていけない」と言われ、ジョー自身は減量に苦心している頃です。

金龍飛との対戦が決まり、金とライト級剣持との試合を観に行ったときには、ハイネックの上に基本コートでした。

あしたのジョー(15)P67

KCコミック あしたのジョー(15)P67 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

これが東洋タイトルマッチの日には、ダークカラーのインナーになります。

原作の矢吹丈基本スタイルは、コートと同色のボトムに帽子は同じですが、中に着ている服には案外バリエーションがあったのです。

あしたのジョー(15)P188

KCコミック あしたのジョー(15)P188 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

赤なのか黒なのか紺なのか分かりません。

長袖のロンTといつものコートです。

初期と同じものなのかどうか判然としません。

普通なら、いくらなんでも違う服だろうと考えるところですが、この頃にもまだジョーは、初めに段平が買い与えたトレーニングウェアを着ています。

連日新衣装のハワイ遠征

東洋チャンピオンは、ハワイにも基本スタイルで渡航します。コートも着ています。

でもハワイでは、後にも先にも見ることのない服が3着登場します。

テレビ関東のスタッフがジョーのために手配してくれたレンタカーを運転しているときに着ているのは、最初のトレーニングウェアに見えますが、半袖です。

日本でこのTシャツを着ているシーンは、ありません。

あしたのジョー(17)P11

KCコミック あしたのジョー(17)P11 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

あれ?同じくハワイで葉子と砂浜を歩くときは長袖バージョン…

あしたのジョー(17)P74

KCコミック あしたのジョー(17)P74 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

……よほどこのデザインを気に入っているのでしょう。

どこのブランドなのか。このスポーツメーカーにこそスポンサーになってもらえそう。

マーキュリーを降りたジョーは、ハワイのチコ・スティンボードと公開スパーリングをやります。

黒(?)のタンクトップで、珍しく着衣スパーリングでした。

この黒タンクは、ホセの手形事件の時のものと同じ服だったとしておきましょう。

滞在途中ではアロハも着用…よく見たらこれ、襟の形がアロハじゃないな。
…まあでも…アロハでしょう(謎)。

ユニオンジャック柄のシャツ。
着ているのはこれ一度きりです。

あしたのジョー(17)P139

KCコミック あしたのジョー(17)P139 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

ハワイでのホセ対サム・イアウケア戦は、ボーダーTシャツで観戦しました。

ボーダーも、この時にしか着ていません。

あしたのジョー(17)P151

KCコミック あしたのジョー(17)P151 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

飛行機はエコノミーだったようですが、段平も現地購入に見えるシャツを着ていたり、免税店でお土産を山のように買ったりと、貧しさから完全に解放された様子が見て取れます。

原作でジョーが最初にガウンを着るのも、ハワイのピナン・サラワク戦でした。

襟付きの布服 芸能活動期

ハワイでの予告KOが効いたとかで、帰国後のジョーは大変な人気です。

チャリティサイン会やワイドショー出演で、襟のある服を着ることも。

なにこのカッコ…

あしたのジョー(17)P191

KCコミック あしたのジョー(17)P191 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

「あなたの3時半」出演時は、ポロシャツです。

あしたのジョー(17)P206

KCコミック あしたのジョー(17)P206 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

テレビ局へ向かう車ではTシャツだったので、番組で用意した衣装なのかもしれません。

…が、サイン会のストライプシャツは私物です。

葉子の重大発表にもこれ着て行ってるので。

あしたのジョー(17)P221

KCコミック あしたのジョー(17)P221(C)高森朝雄・ちばちてや 2012

「TVの仕事はいいの?」と嫌味を言う葉子に怒っているところですが、葉子は、あまりに不似合いなその服がイヤだったのかも…

「夢はかなくも破れたりだわ」

分かるよ葉子。

葉子は、この後ハリマオ招聘へと動きます。

偶然出くわしたハリマオにやられ、それを段平や子供たちに責められるジョーは、失地回復のため、スパーリングでハリマオを倒そうと白木ジムへ向かいます。

いつも通り勝手に白木ジムに入っているジョーでしたが、ここでもまた新コスチュームが。

あしたのジョー(18)P97

KCコミック あしたのジョー(18)P98 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

霜降り風のTシャツ。

これならまあ、なんとか…

布帛の服を着てると、なんかイヤ。

布帛(ふはく)って、織った布です。伸縮性のない布。シャツとか。
編んだもの(Tシャツとかの)のほうが似合います。

続く滝川修平とハリマオの試合を会場へ観に来たジョーは、シンプルなTシャツです。

意外ですが、濃色の半袖Tシャツは、これが最初です。

あしたのジョー(18)P129

KCコミック あしたのジョー(18)P129 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

これでいいの、これで。

あくまでプロポーションで勝負するジョーでいてよ。

レアコスチューム満載のハリマオ期

パジャマ

ジョーのパジャマシーンが一度だけあります。

あしたのジョー(18)P165パジャマの矢吹丈

KCコミック あしたのジョー(18)P165 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

ハリマオ戦の少し前、乱闘スパーリングを依頼したゴロマキ権藤と舎弟連を待っている日の朝です。

パジャマ買ってもらったのね。

スーツ

ハリマオ戦には、なぜかスーツを着て行きます。

あしたのジョー(18)P215

KCコミック あしたのジョー(18)P215 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

なぜスーツで試合に行ったのか。

私の考える理由候補は二通りあります。

その1

補足要素:ジョーは、この後の西と紀子の結婚式に矢吹丈基本スタイルで列席

その1は、結婚式にいつもの服装で行ったことのほうに意味があるという推測です。

西も紀子も変わったけれども、自分は変わらずにいることを表現したくて、山谷に現れた日と同じ装いで通した。

ハリマオスーツは、ジョーが結婚式にふさわしい服を持っていないわけではないことを読者に知らせるためのものだった。

…のかなと。

その2

補足要素:ジョーがボタンのある服を着るのはこれが最後

その2は、ジョーのパンチドランカー問題です。

ハリマオ戦前の計量や着替えでは、自分でシャツを着脱しているはずです。

当然、ボタンのはめはずしも出来ていたことになります。

ハリマオ戦と言えば、カーロスと再会する日です。

試合後のジョーは、カーロスのボタンをかけてやれなくなっていました。

ジョーのパンチドランク症状がハリマオ戦で急速に進行したことを着ている服で示唆したのかも…という推理です。

その2かな?

ジョーの服だけどジョーが着てる絵のないシャツ

本人の着ている場面がないという点で珍しいなと思う服が一着あります。

前述のハリマオ戦控室でカーロスに譲渡したシャツです。

あしたのジョー(19)P131

KCコミック あしたのジョー(19)P131 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

この日にジョーが着ていたシャツとは柄が違っていて、ジョー自身がこれを着ている場面はありませんでした。

余談ですが、ジョーとホセの試合の日、カーロスは、この時のシャツを着ているように見えます。

あしたのジョー20 P69

KCコミック あしたのジョー(20)P69 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

羽織っているジャケットは、ハリマオ戦の日とは違うものです。

葉子は新しい服を一揃え用意してやっただろうと思いますが、ジョーのシャツを気に入って着ているということかと。

最後の新コス

ホセ戦の前に、新しいウェアで練習する場面があります。

Vネックの長袖Tシャツです。

ジョーがVネックを着るのは、これが初めてです。

あしたのジョー(19)P173

KCコミック あしたのジョー(19)P173 (C)高森朝雄・ちばちてや 2012

この後すぐにホセとの試合です。

試合の日は、武道館控室でガウンを着ているところからはじまるので、ジョーのワードロープは、これで全部です。

ジョーはいつどれだけ服を入手したか

見てきたとおり、ジョーは、イメージよりも多くの服を着ていました。

山谷に流れ着いたときは、矢吹丈基本スタイルの他は何も持っていなかったと想像されます。

ではジョーは、いつその他の服をワードローブに追加して行ったのか。

これをまとめます。

各時期に新たに加わった衣類を一覧にすると下の表のようになります。

時期ワードローブ追加分
山谷に到着
矢吹丈基本スタイル
基本コート
基本ボトム
朱色のインナー
プロデビュー期
少年院退院~力石
白っぽいタンクトップ
段平の用意していたトレーニングウェア上下
袖ぐり襟ぐりだけ色の違う半袖Tシャツ
タンクトップ(黒?)
袖の裂けたTシャツ
袖ぐり襟ぐりだけ色の違う長袖Tシャツ(トレーナーかも)
白っぽい長袖Tシャツ
ホームレス期なし
地獄からの使者期
復帰~三雑魚
黒に白ラインっぽいジャージ(下)
サマーニット風半袖
ドサ回り期ニット風長袖
テレビ関東バックアップ
カーロス~東洋チャンピオン
ハイネックニット
カーディガン
ジャージ上下
ハワイ遠征最初のトレーニングウェアと同じ切り替えデザインを半袖にしたTシャツ
アロハ
ボーダーTシャツ
芸能活動ストライプシャツ(ダサいほう)
霜降り風Tシャツ
濃色半袖Tシャツ
世界タイトル挑戦
ハリマオ~ホセ
パジャマ上下
スーツ
ストライプシャツ(ダサくないほう)
カーロスにあげたシャツ(本人着用場面なし)
Vネックの練習着

長い期間をおいて再登場している服もあり、それは途中で買い換えた新しいものである可能性が高いだろうと思いますが、判断が難しいので、同じに見える服は新コスチュームにカウントしていません。

また、シンプルなTシャツなどは、同じものか違うものか分かりません。
同じに見えたら一着と考えています。

これをグラフ化するとこうなります。

矢吹丈ワードローブ追加件数グラフ

※トレーニングウェア類は、上下セットなら2着とカウントしています。

※スーツは、ボトム1アウター1とカウントしています。

ジョーが裕福になったのは、世界ランカーになり、テレビ関東のサポートがついてからというイメージがあります。

実際その通りと思いますが、所有服の激増度が一番高いのは、少年院を出て泪橋で暮らし始めた頃です。

世界ランカー時代に手に入れているものは、衣類だけでなく新築のジムなど、退院後とは比べ物にならないほど高価なものではありますが、山谷に来る前のジョーは住む家も収入のアテもない文無しの風来坊でした。

ジョー個人の経済事情が最も劇的に向上したのは、実は退院後の第2次山谷時代、段平の準備した生活をスタートした頃だったと言っていいと思います。

後半のジョーは、物欲を忘れ、寄付金詐欺を働いた者とは思えないほどお金に淡白になっていますが、スタート地点から考えるとジョーはもう充分すぎるほどのものを持っていて、あれ以上は何もいらなかったのでしょう。

ところで

ジョーの服って誰が選んで買っているんでしょう?

やっぱ段平かなあ?

段平…パジャマよりベルトを買ってあげてよ。

※葉子のワードローブもやろうと思ったけど無理でした。

※段平及び西は最初からやろうとも思いませんでした。

扉絵にしか出てこない服もいくつか。
ちばてつや氏の他作品の主人公、蛍三七子の肩に手を回すジョーが着ているのも見たことのないTシャツです。

この本↓にあります。

次の記事