ジョーは、年中何かを壊しているような印象がありますが、壊したものは、全部で19件しかありません。

あしたのジョー」連載中に矢吹丈が壊したものをリストアップしました。

※原作に限定しています。

※サンドバッグは除外しています。




矢吹丈破壊行為の動機

ジョーが壊した物品19件を破壊の理由で分類すると以下のようになります。

職務の遂行:1件5.3%

障害(物・人)の排除:5件26.3%

技術の習得:4件21.1%

意志の表明:2件10.5%

過失:1件5.3%

怒り:6件31.6%

 

矢吹丈破壊動機

何をどうして壊したのか、破壊順に見ていきましょう。

ジョーが破壊したもの

パチンコ台

「あしたのジョー」KCコミック1巻P96

場所:パチンコ屋ホームラン

破壊動機:職務の遂行

台のガラスを外して稼ぐ手法。

ガラスを割ったのではなく、きれいにはずしただけかもなので、壊したとは断言できないが、段平を訪ねて来た警官が

ジョーがやった台は
ガラスがはずしてあっただと

KCコミックあしたのジョー(1)P104 (c)高森朝雄・ちばてつや2012

と言っていることから、元通りに直して退店したのではないと見られる。

破壊の一つにカウントしておく。

警察署内照明器具・備品等

「あしたのジョー」KCコミック1巻P132

場所:警察署

破壊動機:障害の排除
排除したもの:警官

寄付金詐欺がバレて逮捕された警察署で、救出に来た子供たちとともに暴れる。

よく見ると、電気の傘とドアのガラスが割れ、椅子の脚が折れているのと、電話のコードがちぎれているくらいで、意外に節度のある壊し方しかしていない。

廃ビルの内装

「あしたのジョー」KCコミック1巻P143~149

場所:例の廃ビル

破壊理由:障害の排除
排除しようとしたもの:段平

警察署からエスケープして立てこもった廃ビルにジョーを捕まえに来た段平とやり合って、ドアなどなどを壊す。

半分は段平が壊しているとも言える。

葉書「あしたのために(その1)」

「あしたのジョー」KCコミック1巻P165

場所:練間鑑別所病室

破壊動機:怒り

逮捕後、収容された病室に段平からのボクシング通信教育「あしたのために(その1)」が届くが、段平に腹を立てているジョーは破り捨てる。

ねりかんのベンチ

「あしたのジョー」KCコミック1巻P225

場所:練馬鑑別所

破壊動機:技術の習得

障害の排除(排除した障害:栄養摂取を妨害する同房者)ともとれるが、ジョーは「あしたのために-その1左ジャブ」を試したくてうずうずしていたところであり、ねじりん棒とパラシュート部隊がなかったとしても、こうなっていた可能性が高い。

よって、この乱闘の理由は、技術の習得とする。

鑑別所房内で同房者を片付けた後、床に転がるベンチがふたつに折れている。

ただ、これは西が振り上げて振り下ろし損ねた時に折れた可能性もある。

矢吹丈破壊行為あしたのジョー(1)P223

KCコミックあしたのジョー(1)P223 (c)高森朝雄・ちばてつや2012

しかし数ページ前、西はまだ殴り合いに加わっていない間の乱闘で「バキッ」という擬音が描かれてもいる。

これがベンチの折れた音とも考えられる。

いずれにせよ、ジョーが主導している騒動で壊れた物品はすべてリストしているので、カウントに含めておく。

少年院の豚小屋

「あしたのジョー」KCコミック2巻P113~114

場所:東光特等少年院

破壊動機:障害の排除
排除しようとしたもの:教官・収容生らの脱走妨害と農場の門
排除できなかったもの:力石

暴走するブタに乗って農場の門を突破しようとする。

反省房のベッド

「あしたのジョー」KCコミック2巻P149

場所:東光特等少年院

破壊動機:技術の習得

サンドバッグ代わりに壁に立てかけて「あしたのために(その2)右ストレート」の練習してたら壊れた。

医務室ドアその他

「あしたのジョー」KCコミック3巻P21

場所:東光特等少年院

破壊動機:技術の習得

クロスカウンターの実験のために西を殴って、室内の物を色々壊し、ドアのガラスを割る。

医務室窓

「あしたのジョー」KCコミック3巻P27

場所:東光特等少年院

破壊動機:技術の習得

医務室の窓を蹴り落として、窓から脱出。追いかけてくる収容生をクロスカウンターで次々に倒す。

階段踊り場窓

「あしたのジョー」KCコミック5巻P189~190

場所:白木ジム

破壊動機:怒り

ボクシング協会で暴れて逮捕され、ジムのライセンス承認が絶望的になった翌日、白木ジムで力石と勝負しようとするジョーを止める段平に腹を立て、階段上から蹴り落とす。

段平は踊り場まで落下、窓ガラスに激突する。

よく考えるとこの設計も危ない。

矢吹丈破壊行為あしたのジョー(5)P190

KCコミックあしたのジョー(5)P190 (c)高森朝雄・ちばてつや2012

どんぶり(うどん)

「あしたのジョー」KCコミック7巻P188

場所:山谷うどん屋台

破壊動機:怒り

コーヒーカップ1セット

「あしたのジョー」KCコミック9巻P163

場所:純喫茶ゼブラ2F

破壊動機:怒り

やくざの用心棒ウルフ金串がゴロマキ権藤にやられるのを見兼ねて助けに入る。

よく見ると、破壊が確認できるのは床で割れているコーヒーカップと権藤がウルフを殴ったビール瓶だけで、テーブルや椅子は転がっているものの崩壊はしていない。

カップは権藤がウルフを殴っている時に割れた可能性もあり。

どんぶり(ラーメン)

「あしたのジョー」KCコミック11巻P172

場所:旅館よしの

破壊理由:障害の排除
排除したもの:ドサのおじさん

カーロスと南郷の試合をTVで見ているジョーの後ろからチャンネルを変えようとしたおじさん(雷電為五郎?)を肘鉄でふっとばしたときにかたわらのどんぶりが割れる。

車両2台

「あしたのジョー」KCコミック12巻P161

場所:白木ジム前

破壊理由:障害の排除
排除したもの:マスコミのものらしい車

カーロスのスパーリングを見に行った白木ジム前で駐車スペースが見つからず、停まっている車に当たってどかす。

ミカン

「あしたのジョー」KCコミック15巻P117

場所:玉姫公園

破壊動機:意志の表明
表明した意志:食わねえつってんだろ

減量中のジョーに段平の差し出したミカンを食べずに握りつぶす。

一升瓶

「あしたのジョー」KCコミック15巻P117

場所:玉姫公園

破壊動機:意志の表明
表明した意志:飲まねえつってんだろ

段平がミカンと一緒に持ってきた水を飲まずに瓶を叩き割る。

ドア

「あしたのジョー」KCコミック15巻P162~164

場所:蔵前国技館支度部屋

破壊動機:怒り

ジョーに殴られる段平が吹っ飛んでドアごと廊下へ。

マーキュリー・クーガー

「あしたのジョー」KCコミック17巻P13~16

場所:ハワイ各所

破壊動機:過失

レンタカーの運転がひどすぎてあちこちにぶつける。

湯呑み

「あしたのジョー」KCコミック19巻P134

場所:東京体育館選手控室

破壊動機:怒り

ハリマオ戦後の控室でカーロスのボタンをはめてやれず、段平にはカーロスを葉子に預けると言われて、テーブルの湯飲みを床に叩きつけて割る。

どうしてもこの湯飲みだけ、他と違っているように感じられてならないのです。

これまで見たことのないジョーがそこにいるような違和感が、いつになく不穏な心境にさせます。

なんで?

ジョーが物を壊すとき

こうして見ると、ジョーは意外にモノを壊していません。

たとえば、冒頭鬼姫狩りでは、鬼姫男の肋骨は折りましたが、周囲の家屋は無傷です。

そうした中で壊したものの多くは、計算外の崩壊です。

ジョーの対象はあくまでそこにいる人物であって、近くの物質が壊れたのは、ジョーの意図とは関係ない二次的な現象だったケースが多いのです。

具体的には、西うどんや白木ジム窓などがそれに該当します。

では逆に、ジョーが直接壊した物はと言うと、

  • 葉書「あしたのために その1」
  • 豚小屋
  • 少年院ベッド
  • 少年医務室窓
  • 白木ジム前車両
  • 段平ミカン
  • 段平一升瓶
  • 東京体育館控室湯飲み

このうち、葉書と湯飲み以外は、壊した先に目的がある、目標の達成のための破壊です。

豚小屋は脱走のため、反省房ベッドは力石に勝つため、医務室窓は通り魔トレーニング実行のため、白木ジム前の車はカーロスのスパーリングを見るため、ミカンと一升瓶は減量完遂のため…と、言ってみればあしたのための破壊なのです。

葉書と湯飲みには、それがありません。

壊してどうなるわけでもなく、どうしようとも思っていません。ただ悔し紛れに壊しただけ。

ジョーが破った葉書は、逮捕されたジョーに段平から届いた「あしたのために」でした。

退屈に負け、破った葉書をつなぎ合わせて読んだジョーは、書かれている通りに打ったジャブの切れ味に驚き、6ページに渡って左ジャブを繰り返します。

矢吹丈破壊行為あしたのジョー(1)P174

KCコミックあしたのジョー(1)P174 (c)高森朝雄・ちばてつや2012

これが、ボクサー矢吹丈の萌芽であり、無軌道に暴れるばかりだったジョーが初めて「あした」の片鱗を見た瞬間でした。

その後力石に会ってからのジョーの直接破壊は、すべてボクシングのための行為です。

葉書を最後に、ジョーがそのエネルギーを建設的でないことに使うことはなくなったのです。

それが…

最後の湯飲みだけは違います。

湯飲みを割ったのは、ハリマオ戦後の控室でした。

再会したカーロスにかつての面影はなく、自身は通路で転倒、ボタンをはめてやろうとすると、その手が思うように動かなかったあの時です。

カーロスを葉子に預けようと言う段平に反論できず、ジョーは、テーブルにあった湯飲みを床に叩きつけます。

この破壊に合理的な意味はありません。

どうすることも出来ない苛立ちを湯飲みにぶつけただけです。

どうすることも出来ない…?ジョーが?

丹下ジムのライセンス問題でさえ自力で解決したジョーにも、変えることのできない現実が、この控室にはありました。

様々な障害をなぎ倒して進んできた矢吹丈が、初めて超えられない壁を見たのがこの時です。

「あしたのジョー」の連載の中でジョーが最後に壊した一客の湯飲みにだけ、他と違う陰惨な雰囲気があるのはこのためです。

パンチドランクは、ジョーの人生で最大の敵でした。

そしてジョーは、自らその運命に飛び込んで行きました。

エスメラルダの涙の懇願も聞かずに。

本当に本当にバカな人です。

不滅のヒーロー矢吹丈は、世紀の大バカなのです。

 

…「こんなにたくさんモノを壊して、とんでもない奴ですね」くらいの話になるはずが、まさかジョーに惚れ直すことになるとは思いもよりませんでした(笑)

パンチドランカーについてはコチラに

パンチドランカーの原因,症状など カーロス・リベラの脳に起きたこと

次の記事