メガロボクス宿命の双拳

今年の4月からTBSで放送のアニメ「メガロボクス」が『メガロボクス 宿命の双拳』というタイトルで、コミカライズされています。

作画は、佐久間力氏という方です。

「方です」とか言ってますが、すごい有名な方だったらごめんなさい。

メガロボクスは、「あしたのジョー」のスピリットを継承する物語。リメイクではありません。新しい話です。

詳細は公式サイトで確認を
『あしたのジョー』連載開始50周年企画メガロボクス

で、

アニメを原作に漫画化される「メガロボクス宿命の双拳」ですが

掲載は、少年マガジンエッジ

3月号から連載スタートしました。もう売られています。650円。

3月号は、表紙+巻頭カラーです。

3月号で通常連載の2回分が掲載されていたこともあり、アニメの放送が開始した時点ででコミックのほうが先行しています。
(コミックは今3話分公開されている段階です)

JDは名前のない男ですが、色々あってこの後、自分で名前を決めることになります。

その名前は…(以下自粛)

第1話読みました。

なんでしょう。泣きそうです。

あしたのジョーとは別の世界で、もう一度ジョーと力石が出会ったら…

というお話です。

今、力石がジョーの前に現れて、ジョーの人生を変えたところです。

場所や設定はもちろん違いますが、起きていることの本質は同じです。

あしたのジョーと違うところは、主人公が、自身の生き方に対して疑問を感じていることが明確になっている点です。

ジョーに、力石に、段平や葉子に
新たな命を与えてくれた制作のみなさま。本当にありがとうございます。

1巻読みました


メガロボクス宿命の双拳1巻は、アニメ第3話までの話です。

段平っぽい人、葉子っぽい人、力石っぽい人、ゴロマキ権藤っぽい人はアニメ第2話までに登場していますが、3話では、顔が、マンモス西っぽい人、ホセ・メンドーサっぽい人も出てきます。

ドヤ街チビ連も形を変えて登場。

サチを鬼姫会から救うジョーっぽい場面も一応…

ギアについてもある程度明らかになります。

勇利のギアってどうなってるの?という疑問に答える図解も。
私は図を見ても良く分かりませんでしたけれども(笑)

やっぱり「あしたのジョー」は空前絶後の傑作なのでしょう。

「強きことは美しきかな」

サチをひったてる鬼姫会を片付けるジョーを見た時に感じたあの気持ちは、そう滅多に体験できるものではないですね。

カテゴリー: MEGALO BOX

次の記事