「あしたのジョー」すべての出来事を漫画とアニメの違いを確認しながら振り返っています。

アニメ、漫画の該当箇所も書いておくので「あの場面は、何巻だっけ?アニメの第何話だっけ?」と思った時にもご活用ください。




エピソード

ジョーとハリマオが対面します。

どうしたわけがハリマオは、最初からジョーに攻撃的で、ジョーは、呆気に取られているうちに殴られたり蹴られたり腕をひねり上げられたり、とにかく色々とやられます。

でもね、これある程度しょうがなくない?

サルがスーツ着たような人間離れしたあのなりに度肝抜かれて警戒も防御もあったもんじゃないと言うか…元々ジョーはヒト専であって動物は…

…!

改めて「力石ってすごいな」と思わせるためのエピソードなのか!?

いや実際すごいわ。

ジョーが怒り出すと葉子は、慌ててジョーに詫びていますが、チョコを与えられて大人しくなったハリマオに呆れたジョーが立ち去ろうとすると、今度は、あなたらしくないと言い出します。

さすが。あなたはジョーを怒らせる天才だ。

ジョーは、葉子を張り倒して姿を消しますが、葉子は、今日のジョーに納得していません。

このリング外乱闘は、翌日の新聞に大きく報道され、ドヤ街の子供たちは、やられっぱなしで済ませたジョーに憤慨して抗議のためにジムへ乗り込んできます。

ジョーも大変だね。

カッコいい人がカッコよくなくなるのは、放火の次に重い罪だからね。

該当箇所

コミック:18巻P27 ~75
アニメ2:第37話「野性児その名は…ハリマオ」

コミックの掲載箇所としているのはKCコミックでのページです。

原作とアニメの相違点

ハリマオとジョーが顔を合わせる場所が違う

原作=空港、アニメ=丹下ジムです。

原作では、ホセと試合するために単身メキシコ行きを決行するジョーが空港に着いたときに、ちょうどハリマオが来日。偶然の鉢合わせでした。

アニメだと、ジョーが丹下ジムで西とスパーリングをしている最中に、葉子たちがハリマオを紹介するためにジムを訪問して引き会わせます。

空港、丹下ジム、どちらにも記者が大勢いて、ハリマオの思わぬ攻撃に倒れるジョーは写真に撮られ、翌日の新聞に掲載されるのです。
「矢吹丈一撃でコロリ」とか。

原作でジョーのメキシコ行きが中止になるのは、このハリマオ事件のためです。

歯が折れるほどのダメージを受けたジョーは、山谷へ帰り、ジムの部屋に篭って自分で傷の手当をします。

「変わったわね矢吹くん」と言わざるを得ない原作のジョー

原作のジョーは、もっと別のことも言っています。

ああまでされておとなしく引き下がるなんて
まるであなたのイメージではないわね

KCコミックあしたのジョー(18)P62 (c)高森朝雄・ちばてつや2012

と葉子に言われたジョーが、言い返す言葉がまるで別人です。

許しを求めてオタオタしていたくせに、と、そこまでは分かるのですが…続けて

ちっ いまさらそんなエテ公以下の野郎を相手に
この衆人環視のなかでこのおれが
ムキんなってゴロをまけるかいっ

いまや おれは世界タイトルへのコンテンダーだ
どこの山奥でとれたかもわからねえあんなイモ野郎相手に
なぐり合いなんぞやれねえ制約ってもんがあるんだ

KCコミックあしたのジョー(18)P63 (c)高森朝雄・ちばてつや2012

あんた誰?

衆人環視の中だったら何?

世界タイトルの挑戦者だから何?

チャンピオンは偉大なものだし挑戦者になるのも大変なことだけど、チャンピオンって、いつでも1人はいるものじゃん。

矢吹丈という存在は、この地上にたったひとり、歴史上にたったひとり。

アメリカ大統領は歴代で45人いるけど、あんなにも独創的なヘアスタイルは唯一無二なのと同じだよ…いや、違うな。

とにかく!ケンカ屋ジョーは世界に一人しかいないのに、チャンピオンに近づいたくらいのことで自分を捨てるの?ってことだよ。

制約っていまさらあんた笑わせないでよ。

今のジョーは、ハワイで

礼儀知ラズノ黄色イ獣ニハ
サワルノモゴメンダ

KCコミックあしたのジョー(17)P34 (c)高森朝雄・ちばてつや2012

と言って帰ろうとしたホセとたいして変わりません。

ジョーをぶん殴りたいわ。「このメンドーサ野郎!つって。

今この場ではっきりと自覚なさい。

力石が死んだのはジョーに惚れたから。

今になってつまらない男に成り下がるくらいなら最初からじっとしていたら力石は今頃ベルトを巻いている。

力石のリングにいた自分に劣る男になることは絶対絶対許されないんだよ。

死ぬより難しい。

でも実行すれば死ぬから心配するな。

変わったわね矢吹くん…がっかりだわ

KCコミックあしたのジョー(17)P64 (c)高森朝雄・ちばてつや2012

葉子がそう言うのも無理ありません。

葉子の言う、最近のジョーの雰囲気の変化、目に鋭さがなくなったなどの変化は、パンチドランクの影響だったのか、それともマスコミに毒されたのか。

いずれにしても原作のこの日のジョーは、これまでとまったく違います。

ハリマオ戦が終われば、次は最後の試合です。

葉子がここでハリマオをぶつけたことは、ジョーにチャンピオンベルトをもたらしはしませんでしたが、燃え尽きて真っ白な灰になるために欠かせないものを、ジョーの心に呼び戻しました。

アニメにはこの台詞はなく、葉子は、やり返さないジョーに不満な様子ですが、それほどジョーが変わったようには見えません。

葉子も「あなたらしくない」とは言いますが、「がっかりだわ」とまでは言っていません。

 

次の記事