「あしたのジョー」すべての出来事を漫画とアニメの違いを確認しながら振り返っています。

アニメ、漫画の該当箇所も書いておくので「あの場面は、何巻だっけ?アニメの第何話だっけ?」と思った時にもご活用ください。




エピソード

ジョーのいない山谷は、すさんでいます。

チビ連は、路地で当たり屋に精を出していて、これがなかなかの腕前と言いますか、チームワークが光っちゃって、好ましくない状況です。

西は、お前たちがそんなことをしていると知ったらジョーが悲しむと苦言しますが、元はと言えばジョーが教えたことです。

当たり屋にひっかかったどこかのおじさんをうまく逃がしてやって子供たちにはお小遣いをあげたりだとか、世話役が板についてきた西。

今度は、毎日呑んでいるという段平を訪ねます。

段平は、どうしようもないしょぼくれよう。ジョーがいないから…

西は、ジョーに会いに行ってはどうかと勧めます。

該当箇所


コミック:11巻 P.196~213
アニメ1:第72話「帰れ、輝くリングへ」
アニメ2:該当エピソードなし

コミックの掲載箇所としているのはKCコミックでのページです。

原作とアニメの相違点

アニメ1では、遠征先に紀子から葉書が届く

紀子がジョーに葉書で子供たちや段平の様子を知らせます。

ジョーは今カーロス病なので、ドヤ街の様子を聞いてもぼんやりしているだけですが。

アニメ1では、西が段平にジョー会いに行くように言ってお金を渡す

西は、日雇い仕事を休憩している段平のところへ行き、みんなの代表としてジョーに会ってきてくれと言ってお金を渡します。

千円札5枚?もっとある?

ポケットから2つに折ったお札を出して渡しているので、最初から段平にと用意していたお金に見えます。

アニメ1には段平がジョーの草拳闘を見る場面がある

アニメでは、ドサの興行屋と段平が顔を合わせます。

ちょうどジョーはリングの上にいるところだったのですが、カーロス熱でぼんやりしていて試合になっていません。

ジョーはカーロスの試合を見てからあの調子なのだと、段平は興行師に聞かされますが、「どうしてやることもできない自分がジョーに会っても話すことがない」と、ジョーには会わずに帰ってしまいます。

原作でも段平は、ジョーの様子を見に行っていますが、ジムに寄った西に「この前ジョーに会いに行って来た」と事後報告するだけで、そのシーンは描かれていません。

ジョーと話ができたようではあるのですが、なにせじょーはカーロスのことしか考えられなくなっているので、まともな会話を交わしたのかどうか不明です。

段平は、ジョーがカーロスと戦うために戻ってくるかも知れないと考えているようです。

一座で恨みを買っているようだから、すんなり抜けられないのではないかと心配していますが…

それって何?

ねじりん棒とかパラシュート部隊とかされるの?

ならジョーは慣れてる大丈夫だと教えてやれよ西。

つぅか段平はいい加減しゃんとしろ。

 

次の記事