「あしたのジョー」すべての出来事を漫画とアニメの違いを確認しながら振り返っています。

アニメ、漫画の該当箇所も書いておくので「あの場面は、何巻だっけ?アニメの第何話だっけ?」と思った時にもご活用ください。




エピソード

西は拳を傷め、診察を受けにいきます。

この怪我が原因で西は、ジョーのスパーリングの相手ができなくなります。

段平も西について病院へ行ったので、ジョーが晩ご飯のしたくをしようと悪戦苦闘しているところへ紀子がやって来ました。

紀子は、丹下ジムの炊事や洗濯を当たり前に受け持つようになっています。

紀子はジョーと遊びに出かけたがっていますが…

該当箇所

コミック:10巻 P.64~P.75
アニメ1:第60話「激闘のスパーリング」
アニメ2:第3話「地獄からの使者…矢吹丈」

コミックの掲載箇所としているのはKCコミックでのページです。

原作とアニメの相違点

原作の西は試合で怪我する

原作、アニメ1の西は、試合中に拳を傷めて診察に行きます。

アニメ2では、タイガー尾崎との試合が決まったジョーとスパーリングしている途中に異変を感じて病院へ。

これ以前にも手を怪我したこたことがあった風なことを段平や取材に来ていた記者が言っていて、西の拳は要注意という状態のようです。

ジョーが紀子との向島百花園の約束を忘れているか、まだ約束をしていないか

原作とアニメ1では、少し前に紀子、ジョー、西の3人で日曜日に向島百花園へ行く約束がされていましたが、ジョーはそれを忘れています。

紀子が帰りがけに「じゃあ日曜日にね」と言いますが、ジョーはなんのことか分からず、西と約束したんじゃないのかとか…

タイガー尾崎との試合の近いジョーは、いずれにしろ遊びに行けない、西とふたりで行ってきてと言い出し…

紀子は、よほどがっかりしたのでしょう。

「嘘つきね」と言ってジムを飛び出して行ってしまいます。

タイガー戦の前に呑気に庭園眺めていられるわけがないね。しょうがないわ。

一方の西は、拳がダメでジョーの練習に付き合うことが出来ないので、百花園でもどこでも行ける状態です。

紀子と西は、タイミングが合っているのですよね。。。

アニメ2では、向島百花園等々の約束があったわけでなく、紀子は「試合が終わったらどこかへ遊びに行かない?」とだけ言います。

ジョーも「いいね」と答えていますが、見るからに生返事で、紀子は複雑な表情です。

タイガー尾崎との試合で、テンプルを打てなくなっていることが明らかになるので、試合後のジョーは、遊びに行くどころではなく、結局この約束も実現しません。

 

次の記事