「あしたのジョー」すべての出来事を漫画とアニメの違いを確認しながら振り返っています。

アニメ、漫画の該当箇所も書いておくので「あの場面は、何巻だっけ?アニメの第何話だっけ?」と思った時にもご活用ください。




エピソード

ジョーが変です。

段平は、何か変だなと思ってはいるのですが、ジョーが何も言わないので困惑するばかりです。

該当箇所

コミック:14巻P.149~165
アニメ2:第17話「姿を見せた…大いなる標的」

コミックの掲載箇所としているのはKCコミックでのページです。

原作とアニメの相違点

原作のジョーは深夜に古ジムで考え込んでいる

原作では、この時もう新ジムが完成していて、練習生が何人か入っています。

新入りの河野が、「矢吹さんが変だ」というので古ジムに行ってみると、ジョーは、ひとりでぼんやり佇んでいて、段平が声をかけているのにもしばらく気付きません。

「こんな時間に何をしているのか」と聞かれたジョーは、「なんでもない。こっちのジムの方が居心地がいいから」と答えますが、顔色が冴えないようです。

土手の上の新しいジムに戻ると、他の練習生たちは、ラーメンを食べながらTVを見ていました。

段平にきつく注意されてもさして反省するふうもなく、不在だったジョーを「誰かとデートですか?」と冷やかしています。

後輩と言ってもジョーと同じくらいの歳でしょう。

これで普通ですよね。

思えばジョーは、色々なことで段平に手を焼かせてきましたが、夜更かしして遊んでいたり、夜食を食べたりしていたことは、一度もありません。

夜に抜け出して女の子と会うなんて、とても…。

いっそ、それくらいの人だったら隠し子くらいいたかもしれないのに。

夜中にそーっとジムを出たのは、西うどんのときくらいしか…。

翌朝、おそらくロクに寝ていないジョーは、早朝からサンドバッグを叩いていますが、後輩連は、寝坊してまた段平に怒られるのでした。

…と、これが原作です。

原作ではまだジョーが減量のことで悩んでいるとは読者にも明示されません。

アニメではこっそり体重を測っている

アニメには、ジョーがひとりで旧ジムにいるエピソードは、ありません。

というより、まだ新ジムも建っていませんし、後輩もいません。

後にジムが完成したときに、古ジムを懐かしむジョーと段平が、「今夜だけこっちで寝よう」というエピはありますが、別の出来事ですね。

アニメだと、少し前(16話)に須賀清がジョーに「とても52.5kgには見えない」と指摘するシーンもあり、見ている人は、ジョーにウェイト問題が忍び寄ってきていることを知っています。

17話では、深夜、水道の蛇口が立てる水滴の音を気にしたジョーが、屋根裏から降りて蛇口を閉めに行き、ジムの隅にある体重計に乗ってため息をついています。

「この3日間水を飲んでいないのに」と、当たり前におっしゃいますがね…あんたそれ死ぬから。

しかも昼間サウナに行ってたよね。

なんでこの人らは、こうなのよ。

男の世界…

バンタムに残るための減量。力石も耐えた減量。

ジョーが命がけ上等になるのも無理ないのですが。

アニメでは段平が西に相談に行く

西の暮らしているアパートへ段平が顔を出します。

このとき段平は、「ジョーがおかしい。最近飯も食わない」とこぼしています。

段平…気付けよ。

 

次の記事